全国的に展開しているハウスメーカーで建てるメリットとデメリット

見積もりから施工まで一貫して質の高いサービスを受けられる

全国的に展開しているハウスメーカーで注文住宅の購入をする場合は、見積もりから施工に至るまで担当者にきめ細やかなフォローをしてもらえるため、質の高いサービスを希望する人にとって大きな利点があります。ハウスメーカーによっては、全ての営業担当者を対象に業務に関するライセンスの取得を義務付けたり、外部研修への参加を奨励したりしているところもあり、いつでもニーズに合った住宅を提案してもらうことが可能です。なお、各地にモデルルームを設置しているハウスメーカーを選ぶことで、多くの顧客に支持されている住宅のデザインや室内の間取りなどを詳しく知ることができます。その他、住宅の工法や外観のデザイン、玄関周りなどをシンプルにすることで、低予算で品質の良い住宅を建てられます。

設計事務所と比べて選択可能な住宅のデザインが制限されやすい

大手のハウスメーカーの注文住宅は、住宅に詳しくない人でも長く暮らしやすい一戸建てを立てられるという魅力がありますが、設計事務所と比べて選択できるデザインが制限される傾向があります。また、規格外のデザインを希望する場合は、高額なデザイン料が発生したり、施工開始までに時間が掛かったりするケースもあります。そこで、住宅の見栄えの良さを重視する人は、個別対応が優れているハウスメーカーにお世話になることが大事です。例えば、腕の良い職人がいる工務店と提携を結んでいるハウスメーカーにおいては、最小限のコストで外観から内装まで最大限に希望を聞き入れてくれることがあるため、積極的に担当者とコンタクトを取ることが肝心です。